果たして最近の海外のFXの会社は出金時に手間がかかるのか

果たして最近の海外のFXの会社は出金時に手間がかかるのか

果たして最近の海外のFXの会社は出金時に手間がかかるのか

 

FXの会社には、大きく分ければ2種類あります。日本国内の会社と、海外ですね。その投資商品を扱う会社は、何も日本だけではないのです。ところで後者のタイプの会社に対しては、色々な噂があります。その1つが出金なのですね。海外の会社の場合は、出金に多少の手間がかかるという意見があるのです。手続きが非常に複雑なので、国内の会社の方が望ましいという意見もたまに見られます。

 

実際確かに国内の会社の場合は、その出金の手続きは比較的簡単ですね。銀行の口座さえ保有して入れば、金融会社から自動的に振り込まれる事になります。特に何も複雑な手続きを行う必要がないので、とても簡単だという意見が根強いですね。では実際はどうなのかと申しますと、確かに一部の会社ではそのようなケースは見られます。ある金融会社の場合は、いわゆるクレジットカードを用いての返金システムが採用されているのですね。基本的にはカード会社に対して返金される事になるのですが、それで余り分が発生した時には銀行口座に振り込まれるというパターンになります。

 

例えばカードで入金をしていて、その時の支払い額が50万だったとしましょう。ところが海外の会社で何回か売買を行ったら利益が発生したので、60万の出金を求めたとします。その場合、まずカード会社に対しては50万が戻ってくるのですね。残り10万に関しては、銀行口座に振り込まれる事になります。このシステムだけを見れば、確かにちょっとややこしいですね。少なくとも日本国内の業者に比べれば、やや煩雑な一面があるでしょう。

 

しかし最近では、海外のFXの会社もちょっと状況が変わってきています。というのも一部の会社では、日本人専用の口座などを用意しています。その口座から直接返金される事になるので、いわゆる日本のFXの会社とほぼ同じ状況になります。ですので海外の場合は出金が複雑になるか否かは、やはり会社次第と言えます。海外で売買をしたいと思うのであれば、ちょっと出金の手続きが簡単な業者を選ぶのも一法でしょう。