数年前のショック時に金利の逆転現象が発生したFX

数年前のショック時に金利の逆転現象が発生したFX

数年前のショック時に金利の逆転現象が発生したFX

 

大きな動きが発生する時には、お金の支払いが必要になってしまう事もあるものです。現に数年前に、そのような事態が発生していたのですね。今から数年くらい前に、金融業界にとても大きなショックが発生しました。アメリカの非常に大きな銀行が、残念ながら破綻をしてしまったのです。その結果、大きな損になった方も珍しくありませんでした。その当時は、買い玉を保有していた方々は非常に多かったですね。当時の金融業界では、高金利な外貨に着目をする方が良いとの風潮でした。

 

ところがショックが発生した結果、その買い玉に大変な含み損が発生してしまったのですね。それで資産がほぼゼロに近くなってしまった方も、中にはいらっしゃったようです。そして中には、高い金利を支払わなければならなくなった方も見られます。本来金利というものは、受け取るものになるのです。いわゆる預金商品には、必ずと言っているほど金利があるでしょう。あれは私たちが支払うものではなくて、受け取るものになるのですね。

 

ところが上記のようなショックに伴って、それを支払わなければならなくなった事例が多々ありました。あるヨーロッパの外貨などは、逆転現象が発生してしまったのですね。その外貨の場合は、確か1日あたり数十円ほどの金利が発生するのですが、上記のショックで逆転してしまいました。つまり数十円の料金支払いが必要になったのですね。すなわち、それがFXのリスクの1つになります。現在ではかなり高い金利になっている外貨でも、今後何らかの大きな動きが発生すれば、逆に金融会社に対する支払いになってしまう事があるのですね。実際ほとんどの金融会社は、その点を公式サイトにて明示している事が多いのですが。

 

ですのでこの商品の金利は、安定的なものだと考えない方が良いでしょう。むしろ不安定な一面があります。そのような事態が発生しても問題ないように、色々と対策を考えておく事は必要だと思いますね。