サラリーマンがバイナリーオプション投資に挑戦

バイナリーオプションによる投資の方法について

サラリーマンがバイナリーオプション投資に挑戦

 

バイナリーオプションが最近、新しい投資方法として注目を浴びています。2つの通貨のレートの変化を予想するという簡単な方法で投資ができ、自分の財産を増やすことができること、また少ない投資額で投資が出来ることから投資の経験が少ない層を中心に注目を集めています。バイナリーオプションは外貨投資の一種です。外貨投資というとFXが挙げられますが、FXの場合は最低でも1万円以上の資金が必要な場合が多く、且つ投資先のレートの変化によっては投資額以上のリスクを負ってしまう危険があり、ある程度お金の余裕のある人でないとなかなか投資をすることが難しい物でした。非常に投資のリスクが高い物でした。

 

対してバイナリーオプションは千円程度の少額から投資をすることができます。そして実際には投資金額を自分で指定でき、かつ投資額以上のリスクを負うことが無い仕組みになっています。さらに、決まった時間が過ぎた段階で結果が出るという非常にシンプルな形なので、その日のうちに成果が分かるということもメリットです。その為、手軽に投資を始めることができるのです。

 

例えば日本円と米ドルに関してバイナリーオプションを行う場合、現在の1ドルに対しての日本円のレートを100円とした場合に、そのレートが100円以上になるか100円以下になるかを当てるという投資の仕方をします。レートが100円以上となる側に100円の投資をした場合、実際に上がると投資額に対する上がった割合が報酬として支払われます。但し、下がってしまった場合、投資の100円が没収されるだけでそれ以上の損は有りません。その為、まるでギャンブルの様に当たりはずれを競うように感じてしまうものですが、この形で投資が行われているのです。

 

バイナリーオプションを行う際には、実際にはレートの変化を示すチャートを参考に値動きを予想します。その上で次のレートは幾らぐらいになるかを予想することで投資を行うため、考え方はFXに非常に似ています。その為、バイナリーオプションをある程度行って資金を貯め、FXに移行する投資家も少なくありません。

 

 

バイナリーオプションの特徴

サラリーマンがバイナリーオプション投資に挑戦

 

「バイナリーオプション」とは、外為オプションとも呼ばれることがありますが、為替レートが一定の価格以上もしくは未満となることを予測するという投資商品のことを指します。仕組みが複雑でないということもあり、初めて投資をする人でも比較的始めやすいのが、バイナリーオプションの特徴であると言えます。バイナリーオプションを始める場合には、まず専用の口座を開設する必要があります。口座を開設する業者には日本国内の業者と海外の業者があります。この2つには、大きな違いがいくつかあります。まず、判定時間があります。海外の業者は、日本国内の規制を受けることはありませんので、判定時間は非常に短いのが特徴です。

 

また、口座の開設の申し込みをしてから実際に開設することが出来るまでの時間が短いという特徴もあります。申し込みをしてから30分以内に口座が開設され、入金が確認することが出来ればすぐにでも取引を行うことが出来ます。しかし、海外の業者を利用するのにはリスクも有ります。日本の正規の業者の場合、金融庁に登録されていますので何らかのトラブルがあった際には相談することが出来ます。しかし、海外の業者を利用した場合は、トラブルに遭った際には、自身の力でトラブルを解決する必要があります。さらに、税金の扱いについても複雑ですので、場合によってはトラブルの原因となる可能性がありますので、海外の業者を利用するという場合には、十分に下調べをするようにしましょう。

 

バイナリーオプションの取引は、あくまでも購入資金、つまり掛けたお金の金額で行います。FXなどは投資した以上の取引を行うことが出来ますので、多額の利益を出すことが出来ることもありますが、一方では多額の損失を被るリスクもありますが、バイナリーオプションでは、そのような仕組みはありませんので、必要以上に大きなリスクを負う事はありません。ただし、投資額が大きくなるとその分、多額のお金を一度に失うことになりますので、注意が必要です。

 

 

国内からでもバイナリーオプションに参加できる

サラリーマンがバイナリーオプション投資に挑戦

 

国内からでも自由に参加できるバイナリーオプションを始めるためには、まず運営会社に個人情報を登録する必要があります。運営会社は国内と海外両方にあり、それぞれサービス内容が違います。一番の違いは取引環境で、国内は制限があるため、こまめに取引ができません。海外であれば、制限が少ないため自分のペースで取引を進めることができます。海外で取引を行うためには、運営会社に個人情報を登録した後、口座の新規登録が必要です。海外サイトでの登録になるため、心配になる人がいますが、その心配は全く無用です。日本語のマニュアルが用意されているため、そこに記載されている情報を元に進めていけば、簡単に口座の新規登録ができます。

 

口座ができたら、すぐにバイナリーオプションに参加できます。取引の対象となるものは、非常に多く一般的な金や銀を始め、小麦粉や原油など、あまり知られていないものまで対象にすることができます。これらの相場を予想することで、利益を得られる仕組みで、毎日投資家によって多く取引がなされています。FXやブックメーカーのように、複雑な知識は全く必要ありません。ただ、次の価値を予想するだけで良いです。予想を的中させることができれば、1日で多くの利益を獲得できます。

 

バイナリーオプション 国内に関係した情報はネットからでも取得可能です。取引の対象になるものの情報や、これからの動向など、ネット上からは複数の情報を収集できます。その情報を元に投資活動を行えば、簡単にお金を稼げます。これから投資家として活動してみたい、資産を有効活用し増やしてみたいと思うのであれば、初めてみると良いでしょう。今ならキャンペーンが適用され登録だけで、数千円のキャッシュバックを得ることができます。それを元手に利益を獲得できれば、リスク0でお金が稼げます。ネットに接続できる環境さえあれば、どこからでも自由に参加すること可能なので、挑戦してみると良いです。

FXの情報商材を選ぶ時にはその情報の提供元を確認する

 

FXに関して興味を持っている方々は、色々と情報にも興味を抱いている傾向があります。いわゆる情報商材などに着目している方々も多く見られるのですね。情報商材は、個人的には決して悪くないと思います。現に私もある情報を知ってからは、随分と売買の成績が安定するようになりました。それを知る前までは非常に不安定だったのですが、今ではだいぶ利益率も高まってきたと思いますね。ですのでそのような商材は決して悪くないのですが、やはり発行元などはチェックする必要があると思います。少なくともどのような方がそれを発行しているのかは、きちんと確認する方が良いでしょう。後になって損になるか否かは、そのチェックによってだいぶ変わってくると思います。

 

例えばその投資商品に関する商材AとBがあるとします。商材Aの場合はかなり著名な方によって作られているもので、投資経験も非常に豊富な方だとしましょう。さらにその方は、肩書きなどもきちんと公開しているとします。それに対してBを販売している方の場合、筆者がかなり曖昧だとしましょう。一体誰がその商材を執筆しているのが不明で、よく分からない状況だとします。

 

このAとBを比較してみると、Aの方が信頼度が高いと考えられるのですね。経験が非常に豊富な方が執筆をしている訳ですから、それだけ信用できると思います。セールス文句だけを見てみるとBの方が大きな利益が発生するように見えても、そもそも情報提供している方の所在が不明なのでは、ちょっと怪しく思うのも自然だと思います。幸いにも現在ではインターネットという非常に便利なツールがあるので、情報の提供元は簡単に確認する事ができるのです。

 

この情報提供元に関する話は、案外と大切だと思いますね。Bのような商品を購入してFXで損になってしまっては、本末転倒になるからです。何せFXの情報商材を購入する時には、お金もかかります。それを無駄にしないようにするためにも、やはり提供元はよく確認する方が良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:19:18

FXの外貨の価格を動かす原因と地理的な要因

 

外貨の動きというものは、地理的なものと非常に大きな関係があります。特に何も理由が無いのに1つの方向に動いているような時には、地理的な要因が関係しているケースはしばしばあるのですね。

 

例えば、最近のニュージーランドです。ここ最近のキウイの動きは、本当に読みづらいと思いますね。現在のその外貨は、ちょっと上昇基調になってきている状況です。ところでその外貨が上昇する理由は、本来は何もないのですね。最近はちょっと利下げに関する報道もありましたし、総じてネガティブな雰囲気が蔓延している状況なのです。そのような時には、本来は外貨の金額は下落するものなのですね。ところが最近のニュージーランドは、上記のような状況になっているので、ちょっと不可思議だと考えられるでしょう。

 

なぜ上昇しているかと申しますと、恐らく前述の地理的な要因ですね。確かにニュージーランドだけに着目しますと、目先は下落する要素が多く見られます。しかしニュージーランドは、ご存知の通りオーストラリアのすぐ近くに立地しているのです。その国は、現在はちょっと上昇基調になっています。そのオーストラリアが上昇している理由も不明なのですが、いずれにしても上昇している事だけは確かです。そのオーストラリアの影響を強く受けて、キウイも上昇しているのかなと考えられるのですね。

 

同じく、ポンドなどもそのような現象が見られる事があります。イギリスという国は、もちろんユーロ圏の近くにありますね。ですのでユーロの価格に関わる重大な発表があった時には、それにつられてポンドも大きく動く事が多いのです。つまり地理的な要因が関わっている訳ですね。このようにFXという商品は、とにかく地理に左右される事が多いです。ですのでニュージーランドなどで売買をする方は、ちょっとオーストラリアの動向などには注意する必要があるでしょう。もちろんイギリスの場合は、ユーロ圏に対してアンテナを張る必要があります。カナダの場合は、お隣の米ドルに注目するべきでしょう。この投資商品では、地理はとても大切だと思いますね。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:19:18

目先の雇用統計の数字だけでなくその推移もFXでは大事

 

雇用統計は、外貨での売買を行っている時には大切な数字です。その数字が発表される時には、とにかくよく動きますね。米ドルにいたっては、わずか数分で1円くらい動く事もあるのです。普段の米ドルは、せいぜい0.7円くらいなのですが。ちなみに他の外貨も、そのタイミングではよく動く傾向があります。そしてそのタイミングは、稼ぎ時と考えられている事が多いですね。普段以上に大きく動くので、短時間に大きな利益が発生すると見込まれているからです。

 

実際確かに、そのタイミングはとても良いと思います。総じてリバウンドが発生する確率が非常に高いので、上手くやれば大きな利益が発生する可能性を秘めているのですね。ですが私もあのタイミングは、個人的には好きなのですが。ところで普段の売買をする時でも、その統計に関する数値はチェックしておく方が良いでしょう。なぜならFXの価格というのは、そのその統計の推移データによって動いている一面があるからです。

 

例えばその雇用情勢が、次のような状況になっているとしましょう。5と5.5と6と6.5です。この4つの数値が何を示すかと申しますと、アメリカの失業率になります。ちなみにこれはあくまでも仮想の数字なのですが。5から6.5まで上昇してきている訳ですから、少なくともアメリカの最近の状況は、だんだんと上向き加減になっている事が読み取れますね。上向き加減になっている以上、それに関連する外貨としては上昇しがちなのです。

 

また、逆のケースも同様です。下向き加減になっているのであれば、もちろん外貨は下がりがちなのですが。つまりFXでの売買を行おうと思うのであれば、過去数ヶ月分の雇用情勢の変化などを、ちょっと注視してみるのが良いのですね。そのデータを注意深く見てみると、長期的なトレンドなどを見破れるケースが非常に多いからです。前述のようにその数値が発表されるタイミングも、確かに重要ではあります。しかしそれに加えて、その数値がどのように推移しているかも、この投資商品ではとても大切だと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:19:18

FXの事を色々と学ぶ事ができるYouTube

 

FXの初心者の方々は、よく学習しているものだと思います。いわゆる入門の書籍に興味を持っている方々などは、非常に多いのですね。ところでその投資商品に関する勉強をしている方々は、いわゆるやり方に関して学びたいと思っている事も多々あります。自分のやり方に行き詰まりを感じているので、誰かのやり方を真似てみたいと思っている方もいらっしゃるのですね。いわゆる手法を勉強してみたいと思っている方も、多く見られます。

 

そのような時には、YouTubeを有効活用してみるのも良いでしょう。実はその動画サイトは、案外と多くの情報を知ることができるのですね。実際にそのサイトでその投資商品でキーワード検索をしてみると分かるのですが、上記のやり方に関する話を色々と聞くことができます。しかも、その内容が非常に実践的なのです。ちなみに私はYouTubeを用いて、経済ニュースが発表された時のやり方を学びました。ニュースが発表された時には外貨は大きく動く傾向があるのですが、以前の私はそのタイミングで順張りをしていたのですね。それでよく損になっていたものです。

 

ところがある時に、私はその動画サイトにて逆張りの方法学びました。そのやり方を学んでからというもの、私は経済ニュースが発表されるタイミングでは、たいていで利益が発生するようになっています。ですのであの動画サイトによる情報は、やはり本物だったと思うのですね。このようにYouTubeを見てみますと、この投資商品に関するとても有益な情報を得られるケースが、多々あります。初級者向けの内容も非常に多いですし、上級者の方でも興味深いと思えるような情報が多く見られるので、その動画サイトを検索してみるのは悪くないと思いますね。

 

ちなみにFXに関する本をお店などで購入する時には、もちろん料金はかかります。しかしYouTubeであればもちろん無料ですので、費用的なメリットも大きいですね。ですので私は個人的には、その動画サイトでの勉強をおすすめします。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:19:18

今後FXのニュージーランドが下がる確率が高い2つの理由

 

現在のニュージーランドは、やや難しい状況になりつつあるようです。結論から申し上げると、ニュージーランドの価格は今後は下がっていくと思います。ですのでFXでその外貨で売買をするならば、基本的には売り玉を保有する方が良いでしょう。恐らく、そこそこ高めな利益が発生するとは考えます。ではなぜその外貨は今後下がっていくかと申しますと、それには主に2点の理由があるのです。まず1つ目としては、資源に関わる価格ですね。そもそもオーストラリアは、いわゆる資源国の1つと言われています。もちろんニュージーランドは、そのすぐ隣の国になりますね。

 

ところで現時点における資源の価格は、ちょっと下落している傾向があるのです。一旦はリバウンドの上昇は発生している状況ですが、今後はかなり厳しいと見込まれています。であれば、やはりオーストラリアの価格が大きく下がっても不思議はないのですね。であればそれに便乗して、ニュージーランドの価格が大きく下落する可能性も、大いにあるのです。多くの専門家の方々はそれを指摘していますので、やはり今後は下がっていくのではないでしょうか。

 

それともう1つ理由があって、3つのカラスが出現しているのですね。月足を見てみるとよく分かるのですが、ここ最近のキウイは3回連続で陰線が出現している状況になります。それは注意を要する状況なのですね。3回連続で陰線が出現していると、かなりの確率で下落になると言われています。もちろん100%でもないのですが。ちなみに陰線が3回出現している様子は、カラスが3羽飛んでいるように見えます。ですので3羽カラスと呼ばれることが多いのですが、ニュージーランドの月足でそれが出現している以上は、やはり今後は下がって確率は高いのではないかと思います。

 

資源の価格が下落している上に、カラスまで出現している訳ですから、今後はニュージーランドで売り玉を保有し続けるFXのやり方も悪くないと思いますね。ただしスワップには要注意です。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:18:18

誰かの話で損が発生しても責任を帰属すべきではないFX

 

FXでは、他の方々の意見を耳にする機会が意外と多くあります。特に掲示板などを用いている方々などは、それを耳にするケースが非常に多いのですね。そしてそれを用いると、現在良さそうな通貨に関する情報を得る事があるのです。当然ですが、この金融商品には様々な通貨があります。一般的にはユーロドルなどが用いられているケースは多いですが、その他にもポンドやニュージーランドなど、非常に様々な外貨がありますね。

 

そして人々は、その中から良さそうなものをチョイスしている事が多々あります。1つの外貨だけにこだわっているのではなく、複数の外貨で売買を行っている方も、決して珍しくありません。もちろんチョイスをする時には、できるだけ売買しやすそうなものを選ぶことになります。もしもポンドが稼げそうなのであればそれを選ぶことになりますし、ユーロドルが稼げそうならばそれを選びます。

 

そして前述の掲示板などを見てみますと、人々からそのだいかに関する評判を耳にするケースが多々あるのですね。現在のユーロドルはかなり狙い目などの評判を耳にするケースが多いです。ところでその外貨を選んだ時には、最終的には自己責任になります。もしもそれを選んだことで損失が発生しても、それは全て自分の責任になるのです。例えば掲示板に書かれていた誰かからの意見にて、ポンドがとても良さそうだと書かれていたとしましょう。それでその外貨を用いて売買をしてみたのですが、大きな損になってしまったとしましょう。

 

その場合、ポンドをに関する意見を書いている方に対して逆恨みをするのは、あまり良くありませんね。なぜならその意見に対しては、自分個人が判断をしているからです。他の方々の意見はあくまでも参考程度にとどめるべきですが、最終的にその外貨を選んだのは自分自身ですね。つまり誰かの意見によってFXで損が発生したとしても、それは全て自己責任なのです。意見発信者に対して、責任が帰属する訳ではないのですね。結局全ては自分で責任を取ることになるのが、この商品の特徴の1つと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:18:18

RSIの張り付き現象の問題を解決する方法をFXのセミナーで学んだ

 

金融業界では、しばしばツールな用いられます。そのツールの1つに、RSIというものがあるのです。株投資などでも、比較的よく用いられているツールの1つですね。あのツールを使うとなると、30と70という数字に着目する事になるでしょう。30に到達した時には、外貨が売られすぎの状態を指します。売却ムードが高まり過ぎている訳ですから、もちろんその時には買い玉を保有するのが好ましいという事になります。また70に到達した時は購入ムードが高まり過ぎなので、売り玉を保有するのが望ましいのですね。

 

ところが状況によっては、そのセオリーが通用しなくなる事があります。私はその局面を、一度経験した事があるのです。数年前のリーマンショックですね。あの時は、とにかく下落のスピードが速かったです。余りにも落ちる勢いが強すぎたので、上記のRSIが機能しなくなってしまったのですね。本来30などの数字に到達した時には、売却ムードが高まり過ぎだと判断できるのですが、あのショック時には30以下の数字を大きく下回っていました。しかもそのラインが、下にべったりと張り付いたままになってしまったのですね。一向に上昇する兆しが見られなかったのです。余りにも下落の勢いが強すぎだからです。

 

私はあの時には、本当に困ってしまいました。それである時に、FXのセミナーを受講した事があります。それでなかなか面白い話を聞けたのですね。上記のように下にべったりと張り付いてしまうのは、時間軸が小さすぎるからだそうです。いわゆる1時間や4時間などの足を使っていると、確かに張り付きっ放しになってしまうのですね。ところがそれを月足などにチェンジしますと、RSIの張り付き現象を回避する事ができます。その旨を、私はセミナーで学んだのですね。

 

言われてみれば当然の事ですが、当時の私はそれを気がつかなかったのです。あのセミナーでは、とても良い事を学べたと思います。ですので何らかの行き詰まりを感じている時には、ちょっとセミナーに参加してみるのも良いのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:18:18

果たして最近の海外のFXの会社は出金時に手間がかかるのか

 

FXの会社には、大きく分ければ2種類あります。日本国内の会社と、海外ですね。その投資商品を扱う会社は、何も日本だけではないのです。ところで後者のタイプの会社に対しては、色々な噂があります。その1つが出金なのですね。海外の会社の場合は、出金に多少の手間がかかるという意見があるのです。手続きが非常に複雑なので、国内の会社の方が望ましいという意見もたまに見られます。

 

実際確かに国内の会社の場合は、その出金の手続きは比較的簡単ですね。銀行の口座さえ保有して入れば、金融会社から自動的に振り込まれる事になります。特に何も複雑な手続きを行う必要がないので、とても簡単だという意見が根強いですね。では実際はどうなのかと申しますと、確かに一部の会社ではそのようなケースは見られます。ある金融会社の場合は、いわゆるクレジットカードを用いての返金システムが採用されているのですね。基本的にはカード会社に対して返金される事になるのですが、それで余り分が発生した時には銀行口座に振り込まれるというパターンになります。

 

例えばカードで入金をしていて、その時の支払い額が50万だったとしましょう。ところが海外の会社で何回か売買を行ったら利益が発生したので、60万の出金を求めたとします。その場合、まずカード会社に対しては50万が戻ってくるのですね。残り10万に関しては、銀行口座に振り込まれる事になります。このシステムだけを見れば、確かにちょっとややこしいですね。少なくとも日本国内の業者に比べれば、やや煩雑な一面があるでしょう。

 

しかし最近では、海外のFXの会社もちょっと状況が変わってきています。というのも一部の会社では、日本人専用の口座などを用意しています。その口座から直接返金される事になるので、いわゆる日本のFXの会社とほぼ同じ状況になります。ですので海外の場合は出金が複雑になるか否かは、やはり会社次第と言えます。海外で売買をしたいと思うのであれば、ちょっと出金の手続きが簡単な業者を選ぶのも一法でしょう。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:18:18

数年前のショック時に金利の逆転現象が発生したFX

 

大きな動きが発生する時には、お金の支払いが必要になってしまう事もあるものです。現に数年前に、そのような事態が発生していたのですね。今から数年くらい前に、金融業界にとても大きなショックが発生しました。アメリカの非常に大きな銀行が、残念ながら破綻をしてしまったのです。その結果、大きな損になった方も珍しくありませんでした。その当時は、買い玉を保有していた方々は非常に多かったですね。当時の金融業界では、高金利な外貨に着目をする方が良いとの風潮でした。

 

ところがショックが発生した結果、その買い玉に大変な含み損が発生してしまったのですね。それで資産がほぼゼロに近くなってしまった方も、中にはいらっしゃったようです。そして中には、高い金利を支払わなければならなくなった方も見られます。本来金利というものは、受け取るものになるのです。いわゆる預金商品には、必ずと言っているほど金利があるでしょう。あれは私たちが支払うものではなくて、受け取るものになるのですね。

 

ところが上記のようなショックに伴って、それを支払わなければならなくなった事例が多々ありました。あるヨーロッパの外貨などは、逆転現象が発生してしまったのですね。その外貨の場合は、確か1日あたり数十円ほどの金利が発生するのですが、上記のショックで逆転してしまいました。つまり数十円の料金支払いが必要になったのですね。すなわち、それがFXのリスクの1つになります。現在ではかなり高い金利になっている外貨でも、今後何らかの大きな動きが発生すれば、逆に金融会社に対する支払いになってしまう事があるのですね。実際ほとんどの金融会社は、その点を公式サイトにて明示している事が多いのですが。

 

ですのでこの商品の金利は、安定的なものだと考えない方が良いでしょう。むしろ不安定な一面があります。そのような事態が発生しても問題ないように、色々と対策を考えておく事は必要だと思いますね。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:18:18

なぜスワップよりも為替損益の方がFXで効率的に稼げるか

 

FXで稼ぐ方法には、大きく分ければ2種類あります。為替損益によって利益を狙う方法と、いわゆる金利ですね。いぜんの私は、後者の金利はとても魅力的だと感じていました。というのも現在の日本の銀行では、その数字がかなり低めになっているのです。いつの頃からか、この国ではゼロ金利という政策になりましたね。その影響があって、ほとんどの銀行では利息が付かない状況になってしまったのです。ちなみに一昔前ではかなり金利が高めだったのですが、時代も大きく変わったものですね。

 

ところで外貨の場合は、その金利が比較的高めになっているのです。ですので私がこの金融商品に興味を持った時には、その金利に大きな魅力を感じていたのですね。実際確かに、それは魅力的だとは思います。しかし最近の私は、むしろ為替損益の方がはるかに効率的だと思っているのです。なぜならその損益の方が、遥かに大きな金額が動くことになるからです。

 

例えば現在私がよく売買をしているニュージーランドの場合は、1日あたりに発生する金利は、せいぜい70円前後なのですね。それで300日で計算をすれば、大体2万円強という事になります。その金額だけを見てみれば、確かに魅力的には感じるでしょう。しかし冷静に考えれば、ニュージーランドの動きを用いる方が、もっと効率的だと思うのですね。上記の70円という数字は、その外貨1万枚あたりの数字になります。そしてこの外貨は、1日で2円くらい動く事はよくあるのですね。1日に2円くらい変動をすれば、2万円位の利益が発生する事も大いにあり得ます。

 

金利を用いてそのくらいの利益が発生するためには300日もかかってしまうのですが、外貨の動きを用いた時には、僅か1日でそれくらいの利益額が生じる可能性を秘めているのですね。それを考えれば、やはり外貨の動きを用いる方が遥かに効率的だと思います。ですのでここ最近では、私はあまり金利には期待していません。金利はあくまでもオマケの存在であって、むしろ為替損益での売買を中心にしている次第です。

続きを読む≫ 2015/11/18 07:17:18